初盆の香典の金額 親の相場は?お供え物の金額やのしの表書きは?

年中行事

親の初盆を迎えるにあたり、子供である自分はいくら包むのが妥当なのか?

人に聞いてみたくても、知らないことが恥ずかしいような気がして中々尋ねづらいですよね。

身近に聞ける人がいなかったりすると、一般的な相場も分からず困りますよね。

親の初盆で用意するべき金額の相場や提灯の有無、お供え物の金額など。

初めて迎える親の初盆で、子供としての役割をしっかり務めるために知っておくべき香典の金額の相場をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

初盆の香典の金額 親の相場は?

親の初盆で子供が用意する一般的な金額の相場は1万円となっています。

義理の父母の場合でしたら2~3万円はしますが、実の親の場合は1万円が一般的な金額の相場になります。

しかしこれは一般的な金額相場であり、実際はシチュエーションによって金額にも大きな違いが出てきます。

まず法要した後に会食はあるのかどうか?ということ。

会食なしでお坊さんにお経をあげてもらうだけの場合は、1人につき5000円(夫婦で1万円)となります。

仕事の都合上どうしても行けないから郵送で!となった場合なども5000円です。

これが「会食あり」の場合ですと、施主の負担を少しでも減らすという意味も含めて、少なくとも1人につき1万円は用意したいところです。

というのも、これは施主を務めなければ分からないことなのですが、施主が負担する金額というのは結構な額になるんですね。

お呼びする方々への連絡やお坊さんへのお布施代、来ていただく方々の会食代、持ち帰っていただくお土産代など。

場合によっては提灯も施主の方がご用意されることがあります。

おそらく施主を務めるのは、故人のご兄弟か母親父親のどちらか、もしくはご自身の兄や姉かと思います。

身内の負担を減らすということも考えると、1万円でも申し分ない金額ではあるのですが、少し多めに包むことを考慮されてもいいかもしれませんね。

初盆のお供え物の品物や金額の相場は?

初盆にご実家・もしくは寺院に行く際、お供え物の品選びや金額にも悩みますよね。

どんな物がいいのかについては、大抵は故人が生前好きだったもの(お酒や和菓子など)や、お下がりとして分けやすい個包装のお菓子などがオススメです。

最終的にそれぞれお下がりとして頂くことを考えると、日持ちのしない和菓子や果物よりも個別に包装された洋菓子かその場で分けられるお酒(飲める方が多ければ)などが良いですね。

ですが集まる親族の方と事前にご相談ができる間柄であれば、誰が何を持って行くのかというのも話し合いやすくなりますので、足の早い果物を持ち寄ることもできます。

お供え物の金額としては2~3千円ほどになります。

しかし皆が皆お菓子を持ち寄ることになると、分けるのも消費するのも一苦労する場合もありますので(集まるのがご年配ばかりの場合など)

施主に「お花や提灯は誰が用意するのか?」などご相談してみて、足りない部分の補助に回る、という役に徹するのもいいかもしれません。

地域によっては盆提灯をこれでもか!というほど用意する家もあるようなので、この辺りもその地域の慣習に詳しい親戚か知人・友人に尋ねてみられるのがいいですね。

お盆やお中元などの行事や祭事は、一般的な決まりというよりは「その地域での慣習」によるところが圧倒的に大きいので、その地域ではどのようにするのが一般的なのか?を聞けると安心して行動に移りやすくなりますよ^^

スポンサーリンク

のしの表書きや名前の書き方は?

不祝儀袋とお供え物の表書きはそれぞれなんと書くべきか、まとめてご紹介していきますね。

まず細かいことになるのですが、実は初盆やお盆などで用意するお金は香典ではなく「不祝儀」と言います。

香典は葬儀の時もしくは四十九日が明ける前に用いられる言葉なので、お盆であれば「香典袋」ではなく「不祝儀袋」となります。

この不祝儀袋の表書きなのですが、その家々の宗教や宗旨宗派によって色々変わってくるんですね。

まず一般的によく使われるものとしては「御仏前・御佛前・御香料・御提灯代」

神式であれば「御霊前・玉串料・御榊料」キリスト教なら「御花料」となります。

ただどれが良いのかを考えるのも面倒ですし(汗)

御仏前・初盆御見舞・御供物料」のどれかにしておけばまず間違いありません。

お供え物の表書きは「御供・御供物」のどちらかになります。

水引は結び切りのもので、色は黄白・黒白・双銀の中から選びましょう。

名前の書き方は葬儀・法要の場合は一つの家から一つという考えがあるため、世帯主の名前を書いておきます(夫婦連名にはしないこと)

この場合苗字だけだと他の親族と被ることもありますので、フルネームで記載しておきます。

のしの掛け方ですが、誰からもらったものなのかが一目で分かるように外のしにしておくことをおススメします。

まとめ

いかがでしたか?

親の初盆での金額の相場やお供え物の品物選びや金額など、それぞれの相場やのしの表書きについてご紹介させていただきました。

一生でそうそうある訳ではない行事になると、何が正しいことなのかの判断もしづらく何かと不安になりますよね。

それも自分の親のことともなれば、子供としての役割をしっかり果たそうとして、つい難しく考えがちにもなりますよね。

初めて迎えるものは戸惑うことも多いですが、その分きっと天国の親御さんも「こんなに色々考えるようになって、立派になったなぁ」と思っているかもしれませんね^^

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました