友人の家族に不幸 亡くなった時メールの返信やかける言葉は?

心の悩み

友達から「○日に身内が亡くなりました」と連絡があったとき、どんな言葉をかけたらいいのでしょうか。

一般的には「ご愁傷様です」とかになるのでしょうが、それはあまりにも他人行儀な気がしてしまいますよね。

仲の良い友人だからこそ、訃報を聞いた時とっさに返す言葉というのはとても悩んでしまいます。

自分ではそんな気がなくとも、どんな言葉が相手を傷つけてしまうかわかりません。

大事な人のご両親や祖父、祖母など家族に不幸があったとき、どんな返信をすればいいのか。

困った時のために、かける言葉のマナーなどご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

友人の家族に不幸があったとき

友人から「身内が亡くなった」というメールが来たときは、きっと焦ってしまいますよね。

早く返事してあげなきゃ…と相手を思いやる気持ちはとってもよくわかりますが、すぐにラインやメールで返信するのではなく、今はちょっと落ち着いてみましょう。

訃報のメールが来たら電話で折り返して連絡しようとする方もいらっしゃるかと思いますが、身内が亡くなるというのは本当に大変なものです。

メールなら相手の都合のよい時に確認してもらえますし、電話よりも相手に負担をかけずにすみます。

なによりも友人の心境を察してあげて、まずはメールで返信してから、落ち着いたときにでも電話をしたり直接会うという風にするのが望ましいです。

また友達への気遣いから

「元気をだして」とか「気を落とさずに」

といったようなメールを送ってしまいたくなる気持ちもあると思いますが、家族が亡くなっているのに落ち込まず元気を出してというのは、この場合相応しくないかもしれません。

祖父母や親が亡くなるというのは、葬儀や相続なども考えなくてはならず、身内の心身の疲労は大変なものになります。

なによりも大事な家族が亡くなった友達の気持ちを考えて、もらったときに相手が一息つけるような言葉を送ってみてはどうでしょうか。

友人の身内に不幸 メールの返信の言葉

家族が亡くなったという大変なときに、連絡をしてきてくれたということに対してまず冒頭で気持ちを伝えましょう。

「大変な時に連絡してくれてありがとう」

また、友人の祖父母や親が亡くなる状況というのは、急な事故でもない限り病気が原因でお亡くなりになることがほとんどだと思います。

期間の長さは違っても、身内の看病をしていたであろう友人を労う気持ちを忘れない言葉を添えましょう。

「お身体の調子よくないと聞いていたけれど…急だったね、大変だったよね」

「突然のことで言葉もみつからないけど、お悔やみを申し上げます。私にお手伝いできることがあったら何でも言ってね。」

「今は色々大変だろうから、また落ち着いた時にでも連絡してね。いつでもいいからね」

「これから忙しいかもしれないけれど、あまり無理しすぎないように気を付けてね」

「気持ちが落ち着いたら電話ちょうだい。いっぱい話し聞くからね」

親や祖父母が亡くなったとき、そばに住んでいなくて遠くから駆け付けなければならない人も多いことでしょう。

そんなときは語尾に

「どうか道中気を付けて」や「疲れの出ないよう、気を付けて行ってきてね」

など付けるとよいですね。

スポンサーリンク

お悔みの言葉その他のマナー

お悔みの言葉ですが、実は言ってはいけない言葉というものがあります。

死や苦しみなど生死にかかわる言葉などは当然ですが、不吉な言葉も言ってはいけません。

  • 死、死去、急死、生きているとき⇒(ご逝去、ご永眠、お元気なとき)と言い換える
  • 苦しみ、浮かばれない、消える⇒言ってはいけない

また「忌み言葉(重ね重ね、ますますなど)」も不幸が繰り返されることを連想させてしまう言葉になってしまうので、使わないように心掛けましょう。

  • 重ね重ね、ますます、たびたび、重々、いよいよ、またまた、返す返すも、次々
  • 追って、再び、続く、なお、浮かばれぬ

言葉以外のマナーとしては、「亡くなった理由を詳しく詮索しない」ということ。

自分が会ったことのあるご家族の場合や、とても亡くなるとは思わなかった人だったとき、とっさに「え、なんで!?」と聞きたくなる気持ちはわかります。

ですが、不幸があったばかりの相手には、負担をかけない配慮が何よりも必要です。

自分の気持ちを一方的に伝えるような文面は避けたいものですね。

また返事を求めるような文面や、返信の負担を相手にかけたくない時は

「返信しなくていいからね」という風に返信不要の旨を伝える言葉を添えると、相手も急いで返さなくていいと思えるのでよいかもしれませんよ。

友人の身内に不幸があったら香典はどうする?

普通は3000円か、多くても5000円ほどを渡すようですが、正直これはあまり気にしなくていいのでは?と思いました。

自分も祖父が亡くなった時には「香典は不要です」と送ったにも関わらず、気を遣ってくださったのかご香典を下さる方やお花代を渡そうとしてくれる人がいました。

でも本音を言うと、友人から結婚祝いならともかく「ご香典」を頂戴するというのは、なんとなく変な気持ちになりました。お金はいらないんだけどな、と。

お葬式にも呼んではいないし、亡くなったという話をしただけでお金を渡そうとしてくれるのは、礼儀として正しくとも嬉しくはありませんでした

(お気持ちだから受け取ればいいだけの話なんでしょうけれど)

「ご香典にお返しっているのかな」とか調べたりしなくてはならず、ただでさえ忙しいのにかえってよけいな負担がかかるとおっしゃる方もいました。

とはいっても、なにかしなくてはと思う気持ち自体は決して迷惑ではありませんし、自分を思ってくれての行動なのだというのは友達も十分理解してくれるはずです。

なのでご香典を用意するよりも、会ったときにご飯をおごるくらいがちょうどよい気づかいだと思います。

その時は事前にメールでお悔みの言葉を言っていても、会った時もお悔やみの言葉を伝えることを忘れないようにしましょう。

友人の家族に不幸があったときの対応まとめ

いかがでしたでしょうか。少しでも参考になりそうなものがあると良いのですが。

実は私もつい先日、とても仲のよい友人の祖父がお亡くなりになったというメールをもらったとき、どんな言葉をかけるべきかずいぶんと悩みました。

今でも「もっといい言葉があったかもしれない」と思ってしまったりもしますが、そもそもそんな凝った言葉を求める友達だろうか、と考え直しました。

自分も祖父を2週間の入院だけで急に亡くしたとき色々な言葉を聞きましたが、一番心に残っていたのは

「そっか・・・本当に大変だったね。」みたいなシンプルなものでした。

一見他人ごとのように見える言葉かもしれませんが、長々と書かれた言葉よりも

「そばに寄り添ってくれる感じ」がする文面でした。

大事な人だから、傷つけないようなメールを送りたいと思う気持ちは大切ですが、それはきっとどんな言葉でもちゃんと相手には伝わるものだと思います。

深く考えすぎなくても、あなたの優しい心遣いは友人にきちんと届きますよ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました