結婚式でのマナー どんな服装がNGなの?色や素材は何がイイ?

結婚式

大切な人の晴れの結婚式。

大事な人に恥をかかせないためにも準備万端で!と思いますが、初めて結婚式に出席するとなると不安でいっぱいになってしまいますよね。

どんな事に気をつければいいのか?

何がマナー違反になってしまうのか?

とりわけ一番困るのがなんといっても服装!

女性の服装を見る目は自分にも他人にも厳しいもの・・・「あの人こんな常識も知らないの?」とは思われたくないですよね?

招待してくれた新郎新婦に恥をかかさないためにもこれだけは知っておくべき!という一般的な服装のマナーをご紹介していきます。

スポンサーリンク

結婚式でのマナーでこんな服装はNG!

一般的に知られている着ない方がよい服装マナーについてなぜ着ない方がよいとされているのか、理由も含めて理解しておきましょう。

×白系の服装
白は花嫁の色と決まっていますので、主役と同じ色は絶対にNG!

×全身真っ黒の服装
白がダメなら真っ黒で!という方がたまに居ますが、実はNG。全身が真っ黒の衣装だと喪を連想させてしまう可能性があります。

×露出の多い服装
結婚式のようなフォーマルな場で肩が出すぎているような衣装はNG。ドレスの丈も膝上は出来れば避け、膝丈もしくは膝下がベスト。

×素足や真っ黒のストッキング、またはタイツ
これもフォーマルな場ではNGです。あとやはり真っ黒ですとお祝いの場に相応しくないということでNGになってしまいます。基本はベージュかグレーのストッキングにしましょう。

×つま先の開いた靴やミュール、ブーツ
「妻が先にでる」という連想からNGとされているようです。ミュールはだらしない印象を与えてしまう可能性が高く、これも出来れば避けましょう。

ブーツはどんなに上品なデザインでもNGです。一般的な正装はパンプスとされていますので、服装にあった靴を選びましょう。

×ファーのボレロや革
ファーや革製品は「殺生」を連想させてしまうので、お祝いの場に相応しくないためNGまたファーは食事の席では毛が飛んでまわりの人の口に入るおそれがあるためという理由もあります。

結婚式でのマナー 服装の色に決まりってあるの?

NG項目にも書きましたが、ゲストの立場で白は絶対に避けましょう。

また淡いベージュや薄いグレーなども、実際に見ればそうでもないのに写真のうつり具合によっては白っぽくなってしまいますので注意が必要です。

ですが上に羽織るボレロやストール、ジャケットの色をダークな色にすれば中のドレスの色が目立ちにくくなりますので、合わせる羽織物の色で調整すれば問題ありません。

全身真っ黒もお祝いの場に相応しくないため避けた方がよいですが、これも上に羽織る物やバッグ、靴などを明るい色にすればOKです。

要は「白一色」「黒一色」にならないように気を付けましょう

ここで注意したいのが他のゲストとの色合わせです。皆が皆、一般的に紺がオススメだから、ベージュが人気だからと似たりよったりの服装になってしまっては、結婚式なのに華がありませんよね?

派手な服装は避けるべきですが、お祝いする場にいるのですし他の友人達と話し合って色とりどりの装いで華を添えましょう。

また花嫁さんのお色直しの衣装とも、出来れば被らないようにしましょう。

「こんな色のドレスで出席しようと思うんだけど、お色直しの衣装と被ってないかな?」など事前に確認をとっておけば安心ですね。

ちなみにバイカラーは二色に分かれているから→別れを連想させるからという理由でNGと色々な所で書かれているのを目にしますが、これはなんの根拠もありません。

元からそういうマナーがあったわけではなく、あとから誰かが言ったものが間違った認識のまま広がってしまっただけですので、バイカラーはマナー違反ではありません。

スポンサーリンク

結婚式でのマナー 服装の素材はどんなものがイイの?

服装の素材ですが、調べると色々な名称が出てくるのでパッと見どんなものなのか、どんな素材なのかイメージし辛いかもしれませんね。

「織り方」と「素材」に分けて考えるとイメージし易くなるでしょう。

「織り方」の名称
シャンタン:光沢がありハリのある織
シフォン :薄くて柔らかい透けるような織
サテン  :光沢のある柔らかい織

一方、シルクは素材の名前です。
フォーマルにおいては織り方も大事ですが、素材が特に重要です。

シルク(またはポリエステル)シャンタン(またはシフォン・サテン)はOKということになります。

シルク・ポリエステル等はOKですが、普段着や防寒に使う素材でコットン・ウール・ツイード・麻はNGです。綿100の生地などはカジュアルに見えてしまうので避けておきましょう。

ですがコットン○%、等の普段着用の素材が混ざっているものはNGということになりますので素材の表示にくれぐれもご注意ください。

まとめ

いかがでしたか?

一般的に知られている服装に関するマナー、あなたのお役に立てたでしょうか。

しかし近年ではあまりマナーに縛られず、少しくらいカジュアルでも・・・という意見もあります。

基本的なマナーを押さえつつ、自分なりのオシャレも楽しんで自信をもって参加しましょう。

新郎新婦を目いっぱいお祝いして、楽しいお式にして下さいね♪

服装マナーに関するまとめ→結婚式の服装マナーまとめ~髪型・服装・アクセサリー・バッグ~

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました