海開きの意味とは?開始時期の条件や遊泳期間はいつからいつまで?

年中行事

7月に入ったら海水浴のシーズン!つまり海開きの時期ですよね♪

全国で徐々に解禁されるとなれば、どこに行こうか迷ってしまいますね~!

しかし、海開きってそもそもなんの意味があるのかご存知でしょうか?

なので海開きを行う意味や開始時期に条件があること、また遊泳期間がいつからいつまでなのか。についてご紹介させていただきます。

知らないと命に関わることもあるので、しっかり確認しておきましょう!

スポンサーリンク

海開きを行う意味とは?

まず海開きって言葉を聞きなれない方もいらっしゃるでしょうから、簡単に説明しますね。

海開きとは「海水浴場を開設する」という意味があります。

海水浴場って言っても波の少ない浜辺や砂浜のことなんですけどね。

なので開設初日に行われる行事も含めて「海開き」と言うんですね。

この開設の際の行事とは、海水浴の安全を願い行う神事を指します。

海はコワイですからね^^;安全に海水浴ができるようにとの思いもこめて、神主による神事や安全祈願のお祭りが執り行われることがあります。

中では行政や地元関係者が集まり、セレモニー前のアトラクションがあったりなど、結構大掛かりな式典になるんですね~。

神社でお参りする時となんら変わりのない光景が海をバックに行われるというのも、厳かでありながらも面白いもんだなぁと思います(お供えものも用意しますしね)。

海開きを行うのには「安全に海水浴をしましょう」という意味が込められているのですね。

全国の海開きを見ていくと、各地で海開き初日から様々なイベントを行っているのが分かりますので、それを見つつ行き先を決めるとより楽しめますよ♪

海開きって開始時期に条件があるの?

海開きって7月1日~というイメージをお持ちの方が多いと思うのですが、全国の海開きの開始時期って厳密には決まっていないんです。

それに海開きを行う予定日を発表しても、その後時期が延長してしまうことや、最悪中止になってしまうこともあるんです(汗)

一体何を基準にして海開きの時期を決めているのか、気になりますよね。

これは海水浴前の水質調査が関わっているためなんです。

この水質調査で安全な基準に達していなかった場合などは、通常であれば海開きの時期であったとしても「中止」にせざるをえなくなってしまうのです。

また漂着物のチェックやゴミの除去、水温の度合いによっても変わってきます。

なので7月だったらもう海開きしてるよね♪

と思っていても、海が安全な状態でないと判断されてしまえば遊泳禁止になってしまう場合もありうる、ということなんですね。

これらをすべてクリアしていれば、無事に海開きが行われます。

海の日についても知りたい方はコチラ♪

スポンサーリンク

海開きとは意味が違う?遊泳期間はいつからいつまで?

まず海開きと遊泳期間は意味が違うことについて、簡単に説明しておきますね。

・海開きは「安全に海に入れますよというお墨付き」がある行事。

・遊泳期間は「泳いでもいいけど全て自己責任でお願いします」という個人の判断によるもの。

海開きは行政のチェックも済まし安全祈願もして、さぁどうぞ!という状態になったということを教えてくれるんですね。

安全に泳げる開設期間を定めており、以下の対策が施されます。

・監視員やライフセーバーなどが在中

・海の家や駐車場などの開設

・更衣室やシャワーを設置

・サメやクラゲに対する防護ネット

などなど、なければならないものを用意してくれている状態ですね。

一方で海開きとは違い、遊泳期間には規定などがありません。

そもそも期間が設けられておらず、いつでも泳いでいいですよ~って感じなんです。

ただこれに関してはすべて自己責任で判断しなくてはならず、安全対策が行われていない海に入るのは非常に危険です。

なので海開きがきちんと行われていないのに海に入るのはおすすめできませんので、海水浴場がちゃんと開設してから行くようにしましょう。

ちなみに海開き後の遊泳期間は大体7月上旬~8月下旬くらいまでですね(九州や沖縄など気温が高い地方では3月~海開きしてます)。

なので8月下旬か9月になると海じまいしてしまいます。お盆過ぎたくらいに発生するくらげも危険なのが増えてきますから、安全を考慮すると期間が短くなることも。

海の家も大体8月いっぱいで撤去されるのですが、これはおそらく夏休みも終わって観光客が激減するからではないか?という理由があると思います。

海開き前や後に泳ぐのは自由ですが、自己責任になりますので^^;

できれば海開きと海じまいの期間中に入ることをおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか。

よく聞く海開きとはなんなのか、開始の時期が違ったりする理由や遊泳期間はどれくらいなのか?

ということをご紹介させていただきました。

海開きしてなくっても入っていいんじゃないの?海じまいしても入りたい!というのは自由ですが、それには危険が伴うことがあるということを肝に銘じておきましょう。

海は自然ですから、軽く見ていると痛い目にあいます。

安全に海水浴を楽しむためにも、海開きの時期はしっかりチェックしておきましょうね♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました