お中元の時期関西はいつから?6月は早い?いつまでに送ればいいの?

年中行事

6月に入ってくるとそわそわ・・・というのも、もうお中元の時期ですよね。

いつ届くように送るのがベストなのか、今から考えますよね。

でも、実はお中元の時期って関東と関西で違うってこと、ご存知でしょうか?

関東だと最近は6月下旬に届くように送る事も珍しくなくなってきましたが、関西ではまた別の話。いつまでに送ればいいのか、という事も変わってきます。

お中元の時期は関西はいつからいつまでなのか、6月だと早いのか?

など、関西のお中元の時期に関してご紹介していきます。

スポンサーリンク

お中元の時期関西はいつから?

お中元の時期は関東と関西では違うんです。

関東では昔は7月1日~15日の間に届くようにするのが一般的でしたよね。

というのも、お盆の時期に合わせて贈るというのが主流になっているので、お盆の時期に合わせてお中元を贈るようになってました。

ただこれ、関西ではお盆の時期が違うため、それに比例するようにお中元の時期も違ってきているんですね。

関西ではお盆は7月中旬~8月の15日まで、となっていました。

そのため、昔は関東に住む知人から7月の上旬にお中元の品が届くものなら

「○○さん、お盆とかお中元の時期とか知らんのかな?いくらなんでも早いんちゃうの?」

と不思議に思ったものです。その頃は関東と関西でお盆とお中元の時期が半月~1ヶ月も違うなんてこと、知りませんでしたからね^^;

というわけで、昔は関西でお中元の時期が始まるのは、早くてもせいぜい

7月15日~というのが一般的でした。

先ほどから全部過去形の表現をしているのには理由がありますので、それは次の項目で説明していきますね。

お中元の時期で6月はまだ早い?

関東に在住の人からしてみれば、6月の中旬に届くように手配する人も最近では多いため、関西に送る時も同じ時期に届くようにする人もいます。

しかし、さっき言ったように関西では早くてもせいぜい7月中旬~お中元シーズンが始まるというイメージがありますので、関東に合わせるのはあまりオススメできません。

ですがそれも昔の話であって、今では全国的にお中元の時期って早くなっていっているのですね。そのため、6月にお中元が届いても
「早いな」という感覚はそこまでありませんね。

関西でも最近は早ければ7月の上旬に届くよう指定する人も多く、人によっては6月の下旬に着くようにしている人もいるくらい、確実に関東の流れと一緒になってきています。

これはなぜかというと、お中元の受付の時期が全体的に早まっているため、それに合わせるように発送日も早くなってきているのですね。

「~日までに注文すれば何割引き!!」

というのをよくデパートやネットショップでも見かけると思います。早く注文しておけばそれだけお安い価格帯で購入できるので、ちょっとでも安い内に・・・という人が集中するんですね。

おまけに7月に入ってから注文しようと思っても、最悪品切れ商品が出てくることも珍しくなくなってきているため、早い内に注文しなくちゃ!となるわけです。

時期がずれてきたら、場合によっては暑中見舞いになりますしね。
暑中見舞いの時期について詳しくはコチラ

もらう人も日がバラけている方が有難い事があったりしますし、送る人も遅くなるよりは早い方が失礼じゃないだろう、と考えるので、これらがお中元の時期を全国的に早めている要因になっているのですね。

一番強力な要因はデパート商戦によるところでしょうが^^;

今では関西でも6月の中旬~下旬にお中元の品が届くことが多いので、6月に届くよう手配するのって早い?と心配する必要はあまりないでしょう。

※ただしこれは私の住んでいる地域での話であり、他の地域や昔の風習を重んじる土地では違ってくることもあるので、できれば先方に事前に確認が取れると良いですね。

スポンサーリンク

お中元関西にはいつまでに送ればいいの?

お中元の時期は、今では関東に合わせたりデパート商戦のあおりを受けたり、色々な理由で早まってきているので、当然いつまでがお中元の時期なのか?も関係があります。

昔であれば関西なら8月15日までならお中元として送っても良いことになっていました。

しかし最近全国的にお中元の時期がどんどん早くなってきている影響が関西にも当然のようにありますので、8月ではもう遅いのでは?と考える人も結構います。

残暑見舞いの時期にも差し掛かってきそうですしね^^;
残暑見舞いについて詳しくはコチラ

実際7月の中旬を過ぎれば、お中元売り場も閑散としてきますからね。それが7月の下旬にでもなってくれば、品物自体もかなり少なくなってきており、ちょっと躊躇してしまいます。

本来ならこの時期にお中元が届いていたはずなのに・・・と、関西人の私としてはいまだに慣れないものがありますけれど(汗)

なので最近の関西の傾向を見る限りでは、ほぼ関東と流れが一緒になってきていますので、それも考えた上で「いつまでに送ればいいの?」というのは

7月の15日までに届くよう指定。

すると、関東の人も関西の人も違和感なく送って受け取って、が成り立ちますね。

ただ、私のようにまだまだ
「7月中旬までってのは早いなぁ」と思ってしまう人も少なくはないです。

それに本来であれば関西でお中元を贈れる時期は8月15日までだったのですから、これに合わせても問題はありません。

なので8月の15日までには届くように気を付けておけば大丈夫ですよ。

合わせてどうぞ↓
お中元のお礼状はがきは失礼?イラスト入りや暑中見舞い兼ねるのは?
お中元のお返しは必要?お礼は電話?留守電だった場合の伝え方など

まとめ

いかがでしたか?

関西に住んでいる私が感じる、お中元の時期についてご紹介させていただきました。

しつこいようですが、いまだに7月上旬にお中元が家に届くのは慣れません(笑)

しかしこういう風習もその時々で変わってくることもあるのですし、自分がその流れに合わせていくしかないでしょうね。

お中元の時期がいつからいつまでなのか、6月だとまだまだ早いんじゃないのかという考え方も、今後改めなくてはいけませんね。

ただ地域によっては8月15日までに届けば全く問題ない!というとこもあるはずなので、不安な人は送り先の方がお住まいの最寄りのデパートなどに電話で聞いてみて、確認を取ってから送ると安心ですね^^

お中元はお世話になった人へのお礼の品ですが、一般的なマナーも心がけていきましょう!

お中元の内のしと外のしの違いやマナーを知りたい方はコチラ♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました