結婚式に一連パールはマナー違反?ブラックやフェイクもNGなの?

結婚式

結婚式に出席する時身に付けるアクセサリーはと言えば、パールのネックレスやイヤリングが定番ですね。

「一生物でいざという時使い回しが効くからと買ってあったし、結婚式に付けていこう」と思われた方も多いのではないでしょうか。

ですがちょっと待って!

フォーマルに相応しい筈のパールのアクセサリー。

場合によってはマナー違反になる可能性も。

マナーを守るために、一度確認してみましょう。

スポンサーリンク

結婚式に一連パールのネックレスはマナー違反になる?

一連パールは何かと使い道もあり、元々お持ちの方も多い事でしょう。

特にホワイトパールなどはご両親から受け継ぐ方も多く、冠婚葬祭どのシーンにでも使えると思いますよね。

しかし着ているドレスの色によってはネックレスが一連パールですと、あまりよく思われない事があります。

黒のドレスをお召しになる場合などは、ボレロやバッグ・靴などの色を黒や白にならないように、他のお色を合わせるように気を付けましょう。全身が黒×白になってしまうと、あまりお祝いの席に相応しい格好ではありません。

なので黒ドレス×パールネックレスにしたい場合は、羽織り物・バッグ・靴を、濃いベージュやピンクなどにすればOK。

もしくは一連ではなく、二連か三連のネックレスにしましょう。

なぜかというと、黒の洋服にパールの一連ですと喪を連想させかねないためです。

これはお葬式の時は一連のみと決まっているので(二連だと悲しみが重なるという意味があるため、一連がマナー)それ以上ならば喪を連想することがないからです。

ですが「二連や三連のパールのネックレスもだめなのでは?」という質問も度々見かける事が多いと思います。

これは昔は二連の意味が「よろこびが重なる」のではなく「結婚が重なる」=離婚を意味するところだったためです。

今ではその考え方をお持ちの方はご高齢のごく一部の人しかいないでしょうが、もし気になるようでしたら年配の参列者が多い席では一応ひかえた方がよいかもしれません。

結婚式で身に付けるパール、ブラックパールはマナー違反?

ブラックパールは高級感溢れ、フォーマルな場に相応しい品の良さがあります。

本来ブラックパールは贅沢品なので葬儀にはNGと習った方もいらっしゃるでしょう。

けれど近年「黒真珠はお葬式のイメージ」といったような意見も多く、お葬式には黒真珠でというイメージが定着しつつあります。

高級品とは言っても、一度広がってしまったイメージというのは中々払拭されるものではありませんし、実際にお葬式や仏事の際にブラックパールをつけている方を見かける事が多いという意見もあります。

ですのでドレスの色が黒以外の場合でも、ブラックパールだとより「喪」をイメージしてしまいます。

ブラックパールもホワイトパール同様、上品かつフォーマルな場にピッタリなアクセサリーなのですが、あまりよい印象を与える事がないのであれば避けましょう。

すでにホワイトパールを持っていて他のお色をお求めになる時にはグレイシルバーやピンクのようなカラーパールがおすすめです。

アコヤ真珠のブルーパールなどは惚れぼれするくらい美しいお色ですし、結婚式のような華やかな場にもピッタリでしょう。

スポンサーリンク

結婚式でフェイクパールってあり?なし?

これは賛否両論ですが、やはりきちんとしたお祝いの場にパッと見安物と分かってしまうようなフェイクパールは着けない方がいいでしょう。コットンパールなどはもってのほかですし、樹脂パールもあまり見栄えがよいとは言えません。

ただしカジュアルなお式の場合や、集まる人が気軽な方ばかりの時はスワロフスキーやガラスのパールでしたら、ギリギリ許容範囲内でしょう。

スワロフスキー社のパールなどは一見すると分からないくらい精巧な代物もあるので、フェイクは絶対にダメ!とは一概には言えません。

ですが見る人が見れば本物と偽物の差は歴然なので、やはりフォーマルな場でのフェイクパールはお勧めできません。

ではここは思い切って本真珠を購入するべきか?というと、実は本物でも場合によっては使い辛いことも・・・。

でもフェイクはフォーマルに向かないし、新しく買うとなると痛手ですよね。ただでさえご祝儀や他の諸々で出費がかさむのに、更に頭を悩ませる事になりかねません。

そんな時にお勧めなのが、パールの中でも比較的手頃な淡水パールや貝パールなどです。

お値段も1万円~と手の届きやすい値段なので、本真珠を買う余裕がなくとも大丈夫。

それでも1万円はちょっと…という方はレンタルを検討してみるといいでしょう。3千円~取り扱いをしている所もあるので、色んなサイトを比較して見るのもよいかもしれませんね。

あと形なのですが、バロックパールや淡水パールのような天然物故にいびつな形をしているものは、あまり慶事には向かないとされています。結婚式には真円が一般的ですので、どんなパールをつけるにしても真円がよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

パールならどんな場でも大丈夫!

と思いきや中々使い処が難しく、どんな物でもパールであれば身に付けられるという訳ではありませんでしたね。

結婚式に相応しいパールのネックレスを選んで自信を持って結婚式に参加しましょう!

コチラもどうぞ♪→結婚式の服装マナーまとめ~髪型・服装・アクセサリー・バッグ~

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました