お中元のお礼状はがきは失礼?イラスト入りや暑中見舞い兼ねるのは?

年中行事

お中元をいただいたらお礼をするのが礼儀ですよね。

通常であれば、はがきでお礼を伝えることが一般的だと思ってみても、はがきでお礼を言うことは失礼にあたるの?と疑問に思う意見を聞くことがあります。

またハガキも絵柄が入った方が素敵だと思って選んでみても、イラスト入りってもしかして失礼かもしれないと悩んでしまう事も。

時期的にも暑中見舞いと被っているし、暑中見舞いのご挨拶を兼ねてお礼を書くのはマナー的にどうなのか、色々と気になりますよね。

お中元のお礼をハガキで伝えることに関するマナーをご紹介いたします。

関連記事としてお中元のお返し部下に送る必要は?お礼状は妻が代筆?書き方のマナーなどもご参考までに。

スポンサーリンク

お中元のお礼状はがきで出すのは失礼?

お中元をいただいたらまず一番に考えることと言えば、お返しとお礼状ではないでしょうか。

お返しは不要だとしても、お礼状は出した方がいいですし、必要がある行為です。

本来は直接お礼を言えればいいのですが、送ってくださる方が遠方だと難しいですよね。電話で言うにしても、よほど親しくなければ話す内容に困ってしまいますし。

そこでお礼状ははがきで出すのが一般的だから、選択肢に迷うことはないはず。

ただこの場合お中元を送ってくださったお相手によっては、はがき1枚でお礼状を出すよりも、手紙を封書で出すべきなのではないか?と心配される方もいらっしゃいます。

手紙を封書で出すのは、よっぽど内容を他者に見られたくないか、普段からかなりお世話になっているからお礼が書ききれない!などの理由があった場合は、手紙で出された方が良いかもしれません。

しかしお中元をいただくということは、相手がこちらに対して日頃の感謝を表しているからか、もしくは会社の社長から義理的にだったり、企業から義務的にだったり・・・。

といった具合に、すごく親しい間柄でもなく、しかしそこまで遠いわけでもない距離感のお相手からが大半ですよね。

なのでお中元をいただいたお礼をハガキでお伝えすることは、なんら失礼な行為にはあたらず、むしろ最近メールで済ます人が多いことを思えば十分マナーを守っていると言えます。

中には
「お中元のお礼をはがきで言うなんて、電話するより手抜きだし失礼なんじゃないの?」

と仰る人もいるようですが、本来はお礼状を出すのがマナーなんです。

電話はむしろお礼状を出さない代わりの簡易的な方法になるので、親しい友人や親せきならともかく、そうではない時はハガキまたは手紙でお礼状を出す方が丁寧ということになります。

ですが、到着したかどうかを気にされる方も多いようですので、まずは届いた旨を電話でお伝えしてから、別にお礼状のはがき、という風にされるのが一番丁寧ですね^^

詳しくはお中元のお返しは必要?お礼は電話?留守電だった場合の伝え方などをどうぞ!

お中元のお礼状はがきでイラスト入りは失礼になる?

お礼状をはがきで出そうと思ったはいいが、どんなハガキがいいのか悩みますよね。

大体はどのご家庭も無地のはがき1枚くらいは常備しているでしょうが、無地に文字だけっていかにも見栄えが寂しい感じがします。

そうなると、絵葉書であったりイラスト入りのはがきにしたいなぁと思いますが、そのハガキの用途を考えると難しいものがあります。

季節の挨拶状としてならイラスト入りをためらいなく選べますが、お中元をいただいたことに対するお礼状として使うとなると?この場合絵がついたハガキでも大丈夫なの?と。

しかしこれはお礼を言う側がなんとなく思ってしまうだけで、ただの杞憂に過ぎなかったという時が大半なんです。

大体の方は無地のハガキよりも、季節の絵が入ったものや可愛いイラスト付きの方が、もらう側としても嬉しいと感じるようですね。

たしかに白地のはがき1枚にお礼の言葉が並べてあっても、なんとなく寂しいというか、より義務的な感じが否めませんものね^^;

なのではがきを無地かイラスト入りかで迷うより、どんなイラストだと雰囲気が良いかな?と、絵葉書の柄で迷うことをオススメします。

夏らしい季節感のあるハガキなどだと、もらう方も嬉しいものですよ。

スポンサーリンク

お中元のお礼状ハガキを暑中見舞いと兼ねるのはあり?

お中元の時期はかなりの確率で暑中見舞いの時期と被りますよね。

その場合、お中元をいただいたことに関してお礼状のハガキを出すわ暑中見舞いのハガキも出すわ・・・では、同じような時期に2枚も送ることになってしまいます。

お礼状をいただく側の方の中には、お礼状に対してまたお返事を書くべきか?という風に悩まれる方もいらっしゃいます。

さらにそこに暑中見舞いや残暑見舞いのはがきが来たらどうでしょうか?送られる方からしたらちょっと面倒ですよね(汗)

お礼状と暑中見舞いでは意味が全く違うとはいえ、送られる側の気持ちを考えればマナーがどうというより、また返す手間を考えてハガキ1枚に統一する方がいいでしょう。

なので、暑中見舞いのハガキにお中元をいただいたお礼をメインで書いてもなんら失礼にあたる行為ではありませんので、この場合別々に出すくらいなら統一することをオススメします。

暑中見舞いとお礼状を兼ねるはがきでオススメ

暑中見舞いとお礼状のはがきでオススメなのは、やはりかもめ~るですね^^

早ければ6月くらいから郵便局で取り扱いしていますし、かもめ~るのはがきはイラストが季節感たっぷりでどれを選んでもハズレはめったにありません。

なんといってもクジ付き!

もらった方も楽しみが増えます。逆に普通の官製はがきだったら、相手の方もがっかりしてしまうかもしれませんね。それくらいクジ付きって魅力的です(笑)

もちろん普通のはがきでも全く問題ありませんので、自分の好きな柄かお相手の好みに合わせたはがきを選ばれるのが一番ですね。

お中元のお礼状と季節の挨拶を兼ねる時の注意点

お中元をいただく時期は、住んでいる地域によって異なります。

関東だと早ければ6月から送られてきますし、関西では8月7日の立秋を過ぎても届くことがあります(お中元の時期は関東と関西で異なるため)。

お礼状はできれば届いてから2~3日以内に出すべきですが、6月末や7月になりたてだと暑中見舞いとしては早すぎる気がしますよね。

ですが暦の上では夏扱いなので、ここは暑中お見舞い申し上げますではなく季節のご挨拶を入れるようにしましょう。

初夏の候から始まり、向暑の折柄ご自愛下さいと〆るといいですね。

この場合とは別に、暑中から残暑に変わる時期は8月7日前後と決まっていますので、もしハガキが届くのが5日~7日くらいになりそうであれば、残暑お見舞いとして出されることをおすすめします。

時期が過ぎてしまうよりも、これから入る季節に合わせる方が宜しいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

お中元のお礼状としてはがきを出すことは失礼になってしまうのか、またはがきはイラスト入りや暑中見舞いを兼ねてお返事することは失礼になってしまうのか。

などについてご紹介させていただきました。

年に1回か、お歳暮を入れたら2回しかない贈答品のやり取りって、改めて考えるとマナーなど何も知らなかったなと思う場面が年を重ねるにつれ増えていきますね。

こういったことに慌てず騒がず、サッと対応できる大人になりたいものです。

お中元やお歳暮のお礼状には、気持ちのこもった言葉をお伝えしていきましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました