初盆のお供えにお返しは必要?金額の相場やのしの表書きは?

年中行事

連れ合いや親、祖父母の初盆(新盆)を迎えるとなった時。

生前のお知り合いや友人の方からお供え物が送られてきたり、家にお線香をあげに来て下さった時にいただくことがあります。

ただ御仏前のような現金だけではなく、お供え物を送ってくださったり持参された時。

こういった場合引き物とは別に「お返し」は必要なのか?

必要だとしたらお返しの金額の相場やどんな品物をどうやってお返しするのか?

初盆のお供えに関するお返しについてご紹介します。

スポンサーリンク

初盆のお供え物にお返しは必要?

初盆となると、御仏前として3千円~5万円を持って家に来られることがあるのですが、その場合は大体事前に引き物を準備しておきます。

半額もしくは1/3程度の金額の品物を持って帰ってもらえるように、千円~2千円の引き物を人数分あらかじめ用意しておくのが大半なのですが・・・。

これがお供えの金額によっては、判断の難しいところがあります。

というのも、持ち寄られた御仏前やお供え物がどう考えても高額!って方、たまにいるんですよね。いかにも高そうなんだけど(汗)という感じに。

他の参列者と同様の金額の返礼品でいいのか、迷ってしまうことがあったりします。

それに身内だけでやるからひっそりと・・・と思っても、どこから聞きつけたのか、お供え物をわざわざ送って下さる方もいらっしゃるんですよね。

こういった時に引き物とは別に、お返しを用意する必要はあるのか?

これは「必要あり」と判断するのが無難でしょう。

いただいた御仏前やお供え物の金額によっては、こちらが落ち着きませんしね^^;

今後も付き合いがある相手(親戚など)だったりすれば、なおのことお返しをしておいて損なこともありませんので、ちょっと二度手間にはなりますがお返しするようにしましょう。

初盆のお返し金額の相場と品物は何がいい?

思ったより高額の御仏前をいただいてしまったり、会食をしてもてなしたわけでもないのにお供え物までいただいてしまった時。

お供えに対してお返しする金額の相場って大体いくらになるのでしょうか?

おそらくほとんどの方が「半額くらいが相場」とお答えになると思いますが、実際にはそこまで値をあげる必要はほぼありません。

それに必要以上の返礼品を期待して高額にする人はまずもっていらっしゃらないでしょうから、相手がかえって恐縮してしまうことも考慮しておくべきです。

なので返礼品は半額でもいいのですが、できれは1/3程度の金額にしておきましょう。

ちなみに返礼品の場合は宗教や宗旨宗派ではなく、地域や家の風習によるところが大きいので、地域に合わせて用意するのが一番間違いがありません。

どんなに高額の物をいただいても返礼品は「一律千円で」と決まっている地域もありますし、御仏前の金額が基本高めになる地域であれば「3千円以上」とする場合もあります。

これは本当に地域のルールに従うのが無難ですので、親戚や友人などその土地の人間に聞いておくということをおすすめします。

お供えのお返し品物は何がいい?

お供えのお返しとして一般的な品物は、タオルセットのような日用品かそうめん・菓子折り・調味料などの消え物が定番としてよく候補にあげられます。

用意していた引き物がタオルセットであった場合は、ちょっといいお値段の素麺を返礼品としてお返しするなど、引き物とは被らないようにするのがいいですね。

最近では思ったより高額の物をいただいた時用に「カタログギフト」を返礼品として送ることもあります。商品券などの金額が目に見えてしまう物よりはましという考えのようです。

確かに現金そのまま返されてるような感じにも受け取れますので、特にお返しする相手が目上の方であった場合は商品券はやめておいた方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

初盆のお返しのしの表書きは?

物が決まれば、あとは掛け紙(熨斗紙)をどうするかですね。

お供えのお返しにつけるのしは、以下の2つが代表的ですね。

「志」「粗供養」

どう見ても同一の意味に思えませんが、果たしてどちらの表書きがいいのでしょうか。

実はこれ、関東か関西か?くらいの違いしかないのですね。

関西では粗供養が一般的だったのですが、関東では志が主流だったため、時の流れと共に関西でも志が使われることが多くなった・・・ということです。

たまに粗供養の表書きを見て「粗=粗末」と勘違いされる方がいるらしいのですが、これは日本人の奥ゆかしさゆえの言葉なので、決して粗末という意味で使っているわけではありません。

分かりやすい例として
「ご馳走様でした!」「いえいえ、お粗末様でした♪」

という会話。これは一生懸命作ったとは言わず、あえて謙虚な気持ちで言い表すからこの流れになるのですね。自分が用意した物を「ご馳走です!」とは言わないですものね。

ちなみに、志も今では普通に使われていますが。志は寸志に繋がり、寸志は「目上の者から目下の者への心遣い」となるため、返礼品に使うには本来は適切ではないのですが。

時代の流れとともに、ここら辺の認識はそこまで重視する必要もないでしょう。

なので関西であれば「粗供養」の方が良いですし、関東であれば「志」というように使い分けるといいですね。

正直受け取る方は、表書きをそこまで気にはしないと思いますし、どちらでも問題ないのではないかと思いますよ。

※よく聞く「満中陰志」ですが、これは四十九日と同様の意味がある言葉なので、初盆には使わないように気を付けましょう。

まとめ

いかがでしたか?

初盆のお供えにお返しが必要なのか、その場合の金額の相場や品物選び・のしの表書きなどについてご紹介させていただきました。

御仏前には当日にお返しするのがマナーなのですが、イレギュラーな事態では仕方がありませんので、この場合は遅くとも2週間以内には届くようにしておきましょう。

こういったお付き合いが関係してくるマナーは何かと考えることも多く難しいですが、まずは「気持ちに感謝する」ことを忘れないようにしたいですね。

送られたから返すのではなく、きっと故人も喜んでいるはずだから、生きている私たちが代わりにお返しを・・・と思えば、多少の面倒くささも目をつぶれそうですし^^;

お相手に喜んでいただけるようなお返しをご用意できるといいですね♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました