結婚式で兄弟が挨拶回りする時の順番に決まりは?親とは違う?

結婚式

まずはご兄弟のご結婚が決まり、
おめでとうございます♪♪

兄弟が結婚するって、自分も親戚が増えるから妙な気持ちですよね~。

それに、兄弟の結婚式で
自分ができることって何があるんだろう?何をするのがマナーなんだろう?

初めてだらけで、戸惑う気持ちはすっごくよく分かります。

しかも
「役割って何があるのかな~」と探すと
両親のことについては詳しく載っていても、こと兄弟に関しては情報がない!
なんで!(泣)

ってことが多いのではないかと思います(私がそうでした・・・orz)

特に「お酌挨拶回り」に関しては
「回る順番」がすごくケースバイケースというか。

とにかく情報が多いゆえに、何が正しいのか?どうするのが失礼にあたらないのか?

ということで、迷える全国の兄弟のために!(やっぱり無駄に壮大)

色んな披露宴会場で様々なケースを見てきた友人(式場で働いている)に、詳しく話を聞きました!

前置きが超長くなってしまいましたが、どうぞご参考までにご覧くださいませm(__)m

スポンサーリンク

結婚式で挨拶回りの順番に決まりはあるの?

披露宴会場で色んなケースを目にしてきた友人の話によれば、本当に色んなパターンがあるようなんですよね。

上座から順に回ったり、両家まんべんなく回ったり、親は上座からで兄弟は下座からだったり・・・。

あとは会社の上司や顔見知りのみであったり、自分側のゲストだけだったりなど。

その中でも、
「こういう順番が比較的多いな」
と思ったものを教えてもらいました。

===パターンその①上座から順に===

まず「上座ってどこのこと?」というのは
新郎新婦に一番近い場所で、大抵は主賓や来賓の方がいらっしゃいます。

主賓は仲人さんかスピーチなさる人で
来賓は兄弟の会社の人達が主ですね。

そこから新郎新婦の友人→親戚→祖父母・両親・兄弟のような身近な親族

というように、
出口に一番近い「下座」に両親や兄弟が座っているということがほとんどですね。

なのでまずは自分の方のゲスト(新婦の兄弟なら新婦)で、なおかつ上座から順番にご挨拶(+お酌)して回るのが一番多いパターンです。

主賓→来賓→友人→親戚
と一通り挨拶し終えた後に、
新郎側へ同様の順番で挨拶しに行くと。

この時仮に相手のご両親やご兄弟がこちらへ挨拶しに来るわけではなく、ご着席なさっていた場合。

主賓の前にご挨拶しに行くよう気を付けましょうね!(この場合は最初にした方が良いです^^;)

===パターンその②両家ジグザグ===

適切な表現が思いつかず、文が変になっちゃいましたが(;^_^A

これはさきほどの上座から順にというのは一緒でも、新郎側と交互に回るパターンです。

新婦側の主賓→新郎側の主賓
新婦側の来賓→新郎側の来賓
新婦側の友人→新郎側の友人
新婦側の親戚→新郎側の親戚

のように、上座の自分のゲストから新郎も含めて順番に回る、というケース。

自分側から回るより、相手側も含めて上座から順々に回る方がいいかも?とお考えの方はこういう順番になるそうです。

ただテーブルの配置にもよるとは思うのですが、交互に回るのはちょっとじゃま・・・ではないかなぁと気になったんですよね。

なので友人に「なぜこうなるの?」と尋ねてみたところ、時間的な問題があるようなんですよね。

ゲストの人数にもよるのですが、
大抵時間内に回れない!って方が多いんです。

確かに1人1人お酌して~
軽くご挨拶もして~となると、
あっという間に新郎新婦入場!スピーチ!余興!って始まりますものね^^;

だから時間的に厳しいってことで
上座からジグザグにご挨拶するっていうパターンがあるんですねぇ。

ただ最近では相手の方まで回らず
自分の方の重要なゲストのみで
お酌もご挨拶も終える、ということも増えてきているとのことでした(パターンその3)

他にも色々あるみたいでしたが、この3パターンが回る順番としは比較的多いようです^^

スポンサーリンク

結婚式で兄弟が挨拶回りする時の順番に決まりはある?親とは別?

まずは一般的な順番をご紹介させていただきました。

では気になる「兄弟の場合」どうするのか?

これは、よくあるパターンとしては
「親と共に回る」もしくは
「親が行けなかった場所をカバーする」

のどちらかになります。
どう考えても「カバーする」方がいいのでしょうけれども・・・。

個人的には「親と一緒に」の方が
お酌も挨拶もされる人からしたら
気持ち的に楽じゃないかな~と思っちゃいました。

自分がもしゲストとして参加したら。
まずご両親がご挨拶に来られて、
やり取りが終わったと思ったら次は兄弟が来るってこと、ですよね?

それはお酌されるにしても挨拶だけにしても
ちょ~っとしんどいかな~気を遣うな~って思いますね( ̄▽ ̄;)

来るなら一緒に来て!面倒だわ!
って思いません?(私だけかな?^^;)

そりゃ時間的に回りきれなさそうだったら
親が行けないところをカバーした方が
兄弟も安心かもしれませんけどね。

でもそこでいちいち
「私らのテーブルには来ないの?」と
不満に思う方がいるでしょうか?

親や兄弟も文句をいうでしょうか。

きっと思いも言いもしないですよね。
こういうのって当事者だから必要以上に気にしてしまうけれど、みんな主役にしか興味ありませんし見てません!(笑)

なので、皆さんにどうしても挨拶して回りたい!しかも出来れば全員に!

ってことでないのであれば、
何回も来られる側として考えてみても
両親と一緒に回る方が良いだろうって、私ならそう考えます。

気になるようでしたら新郎新婦や両親に、正直に相談してみるのが一番いいですね。

最終的には主役(新郎新婦)の望むようにやってあげるのが、親族としての務めでもありますからね^^

まとめ

いかがでしたか?

兄弟の結婚式での挨拶回りお酌回りの順番がどうなるのかについてご紹介させていただきました。

最終的なまとめとしておすすめなのは、

①自分の方のゲストのみを
②本当に重要なゲスト(主賓と会社の上司)
③かつ親と共にご挨拶

という順番(友人はこうやって勧めている)

相手の方までご挨拶に行くことって滅多にないそうなんです。

相手のご両親やご兄弟が回ってない内に
こちらが先に相手側に回ってしまうのは、順番的にあまりオススメできないのだとか。

なので挨拶に回るとしたら、最低限
主賓+会社の上司まで回れれば十分ということですね。

地域や家庭によって考え方も様々でしょうが
「一般的なケース」としてご参考になさってみて下さいね^^

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました