香辛料アレルギーの症状は?原因の特定は?食品以外も注意すべき?

食べ物関連

前回カレーアレルギーについて
お話させていただきましたが、

今回はそこからさらに突っ込んだ
「香辛料アレルギー」に関するお話です。

香辛料アレルギーの場合は種類も多岐に渡り
「何が原因なのか」を判別するのは非常に難しいです。

おまけに香辛料って、実に色々な物に含まれていて
「こんな物にまで使われているの!?」と、
知れば知るほど驚かれると思います。

では一体、どれの何に気を付ければいいのか。

あまり症例のない香辛料アレルギーについて
きちんと知っていただくために、ご紹介させていただきます。

カレーアレルギーの症状や原因についてはコチラ

スポンサーリンク

香辛料アレルギーの症状は?

香辛料アレルギーの症状は様々なのですが
スパイスという刺激物による症状のためか
かなり重い症状が出ることが多いです。

例えば
・激しい腹痛に襲われる
・動機が激しくなり息切れになる
・汗や止まらず体温が急上昇する
・体中に一気に発疹が出てくる
など。

稀によりひどい症状が出る場合もあり
ショック症状により気絶してしまったり
激しい吐き気が収まらなかったりなど、実にやっかいな症状が出ます。

ただし、香辛料は元々刺激の強い物なので
少量の発汗や顔の赤みや咳などでは
まさか「アレルギー」だとは気づかず、
知らないまま取り続けてしまう事が多々あります。

本人も周りも気づかないまま摂取し続け
ある日を境に、一気に症状が重くなってしまうこともありえます。

「ある特定の香辛料」を摂取した時に
以上のどれかに当てはまる症状が毎回出てしまうのであれば、
「実は香辛料に対するアレルギーなのかもしれない」ということを頭に入れておきましょう。

アレルギーの原因を特定するには?

香辛料によるアレルギーかもしれないのであれば、
それらをできるだけ避けるのが一番いいですよね。

料理であれば、
カレー粉に含まれる代表的な香辛料で
ターメリック、コリアンダー、クミン、
キャラウェイ、パセリ、タイムなど。

お菓子であれば
バニラ、シナモン、ミント。

アジア料理であれば
わさび、唐辛子、七味、胡椒。

これくらいなら誰でも判別はできますよね。

大体はカレーや中華・韓国料理のように
刺激を感じる食事で「この香辛料かも?」と
気付きやすいため、避けるのはさほど難しくはない・・・。

はず、なのですが。
今や香辛料は普段何気なく使っている日用品にまで入っているので、
成分を見ただけでは判別しづらくなっているんですね(-_-;)

というのも、
香辛料って言っても「辛い物」
ばかりを指すわけではないんですよ。

天然由来の自然なハーブ、これが香辛料の原料なので、つまりは

「ハーブや香料」なども、香辛料アレルギーを引き起こす原因になってしまうんです。

アロマ系なら、精油全般「香辛料」となりますので、十分原因として考えられます。

「調味料」と表示されているものでも、
中には香辛料が含まれていることもあり
これも実は注意が必要。

お菓子や飲料に含まれる「香料」
これも原料を辿れば香辛料なので
アレルギーの引き金になる可能性があります。

原因物質を特定するのは難しいことですが
突き詰めていけば、必ず原因の香辛料は
見つけられるので、しっかりと成分をチェックするようにしましょう。

スポンサーリンク

アレルギーは食品以外が原因?

今までは主に食品に含まれるアレルギー物質
についてお話させていただきましたが、
実は気を付けた方が良いものは食品だけではないんです。

盲点と言うのでしょうか。
普段使っている何気ない日用品、
これにもスパイスが含まれているんですね!

代表的なものをあげるとしたら、

「歯みがき粉」です。

歯みがき粉って清涼感があって、
使うと口の仲がス~ッとしますよね?

あれは「天然のハーブ」を使用して
清涼感を出しているからなんです。

これを言えばハッ!と気がつく方も多いと思います。

化粧品・シャンプー・石鹸・アロマテラピー
上記の普段何気なく使用している日用品。

「香料」と称して、ありとあらゆる香辛料が
配合されていることが多々あります。

特に普段から「香水」をつける習慣のある人は
使用していて「いつもちょっと皮膚が痒い?」
など違和感があるようであれば、それは日常
使っているものに含まれるスパイスが原因かもしれません。

まとめ

いかがでしたか?
香辛料アレルギーによって引き起こされる症状や原因物質をご紹介させていただきました。

まさかこんなものもアレルギーを引き起こす対象になるなんて!

という気づきになりましたら、
今度はそれらを避けるように気を付けていきましょう。

他にも意外なアレルギーとして、
チョコを食べてくしゃみってアレルギー?原因と症状や対処法などもあります。

しかし自己判断で特定するのは
安心できず危険でもありますので、
気がついた時点で皮膚科か内科で受診されることをおすすめします。

血液検査次第では、香辛料全般ではなく
特定のハーブが検出できるかもしれません。

体が知らせてくれる異変には
すぐさま対応するのが早期治療につながりますので、病院の予約はお早めに^^

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました